FXの注文方法、指値・逆指値について知ろう

FXでの注文方法について

FXでは様々な注文方法があり、利用する業者によっても利用可能な注文方法が異なります
初心者の場合にはリアルタイムで値動きを見てストリーミング注文で建玉を作り、決済する場合もストリーミングで行うケースがよく見られます。
しかしFXの経験を積むにつれて次第に指値注文逆指値注文などを覚えて行き、便利に取引を進める事ができるようになるケースが多いです。
そのため注文方法について詳しく知っておくと便利です。


変動する取引レート

まず指値注文金額を指定して現在の相場よりも有利な数字になったら約定するという注文方法です。
買いの場合は現在よりも安い金額を指定し、売りの場合は高い金額を指定します。
これに対して逆指値注文の場合は同じように金額を指定しますが、現在の相場よりも不利な金額を指定します。
主に利益確定する場合や、損切りをする場合に使用するのが一般的です。
この指値注文と逆指値注文を同時に出す注文方法がOCO注文です。既に建玉を持っている状態の時で値動きが予測困難な場合などに役立ちます。
指値の方を利益確定用に使用し、逆指値の方を損切り用に使用するケースが多いです。
こうした注文方法を利用する事で、常に値動きを見張っていなくてもFXを行う事ができるようになります。


MENU